電話でのお問い合わせはTEL.0120-76-1031

〒901-2133 沖縄県浦添市字城間1丁目2番1号
(事務局)株式会社アイ・ラーニング内

一般社団法人教育振興会blog

一般社団法人教育振興会blog -

10月28日(月)RBCシャキッとi 深刻、ネット依存の中学高校生が51万人も

10月28日(月)RBCシャキッとi

深刻、ネット依存の中学高校生が51万人も

カノウ》
 土方さん、エミさん、おはようございます。
今朝の教育の話題なんですが、ネット依存性のお話しですが、
日頃インターネットに夢中になり、もう一日中、暇があれば、すぐインターネットで音楽や映画、動画映像に釘付け状態になってしまっている。中学高校生が推定で全国にすでに51万人いるそうです。

スタジオ》
私たちにとって、日頃、ネットを使わないと、情報が入らずー仕事にならないし、もちろん趣味でソーシャルネットワークのFacebookやYouTubeは、みんな使っていますし、便利というか、なくては本当不便になりました。

カノウ》
私も土方さんのFacebook友達ですよね。
スタジオ》いつもいいね。ありがとうございます。

カノウ》
そこで、今朝の教育の話題なんですが、中学高校生が、暇を見つけて、このインターネットにあまりにも夢中になり過ぎて、とうとう、ネット無しでは、イライラする、落ち着かないなどの症状が起きる。

スタジオ》
へえー、それが全国に51万人もいるんですか?
カノウ》厚生労働省の研究班の調査で推定で51万人もいるそうです。
日頃退屈しのぎにすぐインターネットに向かわないと満足出来ない、あるいは、嫌な気分や不安、落ち込みから逃げるためにネットを使うという。これは病的な使用。と厚労省研究班は、警鐘しています。

スタジオ》
男女を比較すると、どちらが多いのですか?

カノウ》
6.4パーセント男子、10パーセント女子。特にチャットやメールなどに没頭する学生が多い

スタジオ》
そうすると、睡眠時間が、少なくなっているとか。

カノウ》
実態は、深刻だと思います。何と、六時間未満と答えた人が
43パーセント。朝学校で気分が悪いという症状を訴える生徒が、保健室ヘ直行するなど、生活面でも、問題が、出てきている。
夜中中、刺激的なゲームや動画に夢中になるあまり、睡眠時間が、少なくなるのは、絶対良くないと思います。

スタジオ》
では、どういう対策がのぞまれるか。何か良い対策がないものでしょうか?

カノウ》
今朝は一つアドバイスしますね。それは、家庭内できちんとルールを作る、そして、それ を守らせるようにすることです。学校や地域は、ネットで犯罪に巻き込まれないように、ネット社会の現状を子供たちに教育するネットの正しい使用方法を教育 することも当然必要になってきますが、やはり、家庭が中心になって指導することが、大前提ですよね。

スタジオ》
先生、具体的にはどんな方法を?

カノウ》
それは、例えば、パソコンの利用に関しては、時間を区切る、パソコンは居間、みんなが いるリビングで共同使用にするとか、勝手に使えないように、ロックをかけるなど、まず、学校に教育をしてもらうと考えない方がいいです。問題は携帯デス よ。今携帯電話の利用料金がうなぎ登りに増えています。
ですから、電話料金も使用限度額も決めないとダメですね。

スタジオ》
イヤ、ネット社会も最近は犯罪が多いのではので、関係ないなんて思ってはいけませんね。来週もこの話題続きをお願いします。


Category: お知らせ
Top